安いBTOとメーカーPCとの違い

安いBTOとメーカー製PCの違いは何か?

 

安いBTOとメーカー製PCの違いはどこにあるのか、ここでは簡単にまとめていきます。それぞれに特徴があり、どちらがベストなのかはその人次第です。どういう特徴があって、自分が買う場合はどちらが良いのかを考えてみてください。

 

画像

BTOは、価格が安いというのが最大の特徴です。しかしその安さを実現しているのは、徹底的に絞ったその構成です。

 

ハードウェア的なスペックは十分なものなのですが、基本的にOSがはいっているだけです。カスタマイズしてもセキュリティソフトとofficeソフトがインストールされているだけで、

 

 

本当に最低限の機能しかありません。

 

 

そのため、必要なものは自分で揃えなければいけません。

 

メーカー製PCは、普通に使う分には十分なくらいのソフトがインストールされているものがほとんどです。さまざまな人のさまざまな用途に対応できるような構成になっているので、人によっては余分だと感じられるものもあります。

 

しかし本当に使わないものであればアンインストールすればいいだけのことなので、容量が圧迫されて困るということはないので安心してください。

 

自分で使うものは自分で探すという人なら、価格が安いBTOがおすすめです。はじめてパソコンを持つという人なら、色々なことがはじめやすい、メーカー製PCがおすすめです。

 

あくまでもこれは一つの意見なので、どちらの方が絶対的に良いというものではありません。ただし現在はフリーソフトにも高機能なものがあるので、BTOパソコンを買って自分でソフトを探してくる方が良いかもしれませんね。

 

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像